家族葬という方法|ゆっくり昔話ができるお葬式

葬式のスタイル

蝋燭

家族葬が増えている

門真では自分らしく葬儀を行いたいと希望する人が増えたため、葬式のスタイルが以前よりも多様化しています。門真で行われている葬儀のスタイルとして多いのは、一般葬と呼ばれる従来の方式での葬式で、通夜と告別式の2日間で供養を行うやり方です。以前は門真のほとんどの葬儀が、一般葬のスタイルで行われてきましたが、最近では家族構成の変化により減少しています。門真で一般葬を行うことで、故人と親しかった友人やご近所、会社の関係者などに参列してもらう事ができます。また門真で葬儀を一般葬にすることで、参列者の数によって規模を変えたり、宗教や宗派に合わせた葬儀が行いやすくなります。一般葬に代わって門真で増えている葬儀が家族葬で、親しい身内だけで故人との最期の別れを過ごします。家族葬は少人数で故人を見送りたい時に行う葬儀で、一般葬と同じように通夜は行います。宗教などの形にこだわらずに自由な葬儀を行いたい時には、門真では自由葬が行われます。一般葬では宗教のマナーに基づいて葬儀が行われますが、自由葬ではスタイルが自由なので、亡くなった故人に相応しい葬式をあげられます。他人の参列を遠慮してもらう場合には、密葬のスタイルで葬儀を行い、亡くなった故人の家族のみで通夜と葬式を行います。密葬では告別式は行わず、一般の方に参列してもらう場合には、葬式が終わってから本葬という形で参列してもらいます。義理による葬式への参列者が多い場合には、密葬というスタイルが適しています。