税理士の解答速報に期待【迅速に情報が調べられる】

スクールに通う利点

試験対策に役立つ

電卓とお金

税理士は税務に関する独占的な業務を行うことができます。
資格取得後は個人で活動することもできるほか、企業などに属して税務処理のエキスパートとしても活躍できるなど活動フィールドはとても幅広くなっています。
税理士として活動するためには国家試験に合格する必要があります。
国家試験は11科目が用意されており、そのなかから5科目を選んで基準をクリアできれば晴れて税理士として登録することができます。
国家試験の科目はまとめて合格する必要はありません。
それぞれの試験科目は分割して受験できるシステムとなっているので、社会人の方でも無理なく資格取得を目指すことが可能となっています。
ただ税理士は難関資格の一つなので独学で合格を目指すのは現実的ではありません。
そのため税理士を目指すのであればスクールを利用するようにしましょう。
スクールに通えば簿記論・法人税法・財務諸表論など、試験で問われる一つ一つの科目を自分で選んでしっかりと学ぶことができます。
スクールに通っていれば試験後に解答速報で答案の確認が可能です。
受講生であればウェブからいつでも解答速報を見ることができるので、社会人の方でも受験したテストの回答を業務の合間を縫って手軽に確認できます。
また解答速報は詳細な解説が加えられたテキストとして受け取ることもできるので、次の試験に向けた対策としても大いに活用することができます。
この解答速報は定期的に更新されるので、スクールを受講していればいつでもハイレベルな試験対策を行うことが可能です。

完璧を狙わず80%を目標

男女

税理士は個人や企業の税金に関するサポートをする仕事で、国家資格である税理士資格試験に合格しなければ就労することはできません。
数ある国家資格の中でも税理士試験は非常に難易度が高い試験として知られており、1度の受験で合格することはごく稀で、数年計画で合格を目指す人が多いのが実情です。
独学で資格取得を目指す人もいますが、税理士資格取得スクールや通信講座などを利用するのが一般的です。
効率よく勉強するには複数ある教本の中からひとつに絞り、徹底的に覚えることが大切です。
覚えることが非常に多いため、全ての教本をまんべんなく取り入れてしまうとどうしても無理が出てしまいます。
当年や前年の模範解答なども参考にして、1冊の教本から重点ポイントを覚えこむようにしましょう。
5科目ある試験は全て60点が合格ラインなので、完璧を狙わずに80%を目標に、ある程度まで実力が付いた段階で次の科目に取りかかるのが理想的です。
年に1回の試験直後には、各スクールの解答速報がネット上で公開されます。
この解答速報を利用することで問題の出題傾向を判断することが可能です。
解答方法が具体的に示されている他、スクールによっては講師の解説を動画で見ることができるのも解答速報のメリットのひとつです。
また、中には短期集中講座などを開催しているスクールもありますので、自分のウィークポイントを見つけるのに有効です。
このようにスクールや解答速報を効率的に利用することが税理士試験合格の近道ですが、解答速報は各スクールの予想解答であるため、合否を確認できるものではありませんので注意が必要です。

勉強から本試験まで

電卓を持つ人

若い世代を中心に、会社勤めをしながら資格取得の勉強をする人が増えております。
会社勤めをしながらでも取得できる最も難しい資格の一つに、税理士資格があります。
税理士資格があれば、独立開業して事務所を開くことができるだけでなく、企業の経理部門や会計事務所への転職が有利に働きます。
税理士試験は科目合格制をとっており、必須科目の簿記論、財務諸表論の2科目を合格しなければなりません。
他にも、法人税法や酒税法など他の9科目のうちから3科目を合格することで、晴れて税理士の資格を得ることができます。
税理士試験の勉強は独学では難しい為、これまでは資格予備校の通学講座を受講するケースがほとんどでした。
しかし、最近ではスマートフォンやタブレットにより、通勤時間や昼休みなどのスキマ時間で学習できる講座も増えてきたのです。
税理士試験の本試験は毎年8月に行われますが、本試験終了直後に行われる解答速報会で科目合格の見通しが分かることが一般的です。
解答速報会は主に資格予備校が主催しており、税理士講座の専任講師が教室で実際に問題を解いて解答速報を行ったり、テレビ中継やインターネット中継で行ったりしています。
試験に手ごたえを感じ、試験終了後に解答速報を聴けるだけの心の余裕がある人は、予備校まで解答速報に出向きますが、試験に手ごたえがなかった人や、本試験で体力を使い果たしてしまった人は自宅などで解答速報の中継を見ることが多いです。
解答速報に一喜一憂してしまう人は多いですが、本気で税理士資格を目指している人は、不出来だった科目であっても翌年の為に真摯に解答速報を見ることが多いです。